編集長に勧められて伺ったのが日暮里ステーションガーデンタワーの1階にあるこちら「真面目焼鳥 助平」。

真面目焼鳥助平#1

昨年8月にオープンしたお店でカウンター中心のこじんまりとした清潔なお店です。

真面目焼鳥助平#2

オープンして間もないのに、私が17時のオープンと同時に入店後、続々と常連さんがいらっしゃいました。

☆読者特典☆
来店時に「荒川102を見た」で、その日のオススメ品が1品無料で付きます。

「店名がアレなのでちょっと入りにくいなぁ」と思ってましたが、なんの。イケメン2人が笑顔で快く迎えてくれます。

気を良くした私はすでに心の浄化は済んだような感じはあるものの、荒川102の読者のためにレポートをしなくてはと気を取り直し、まずはバイスサワーを注文。

真面目焼鳥助平#4

さすが荒川の居酒屋さん。焼酎の量が半端ない。コダマのバイス1本でうまくすればバイス3杯呑めそうです。中は金宮にすると200円になりますが、店の奥にある甕の焼酎にすれば、なんと100円で呑めるとのこと。これまた呑んべいには嬉しいサービス。

バイスを呑んで落ち着いたところで、メニューに目を移す。

実はこちら3回目の訪問。お気に入りの「ホタルイカのわさび漬」を迷わず注文。「あいよ〜」と気のいい返事をもらえてほくそ笑む。しばらくして鬼おろしでおろした大根と一緒に盛られたホタルイカが到着。これがたまらんのです。

真面目焼鳥助平#5

そして店長オススメの焼き物「血肝(鶏レバー)」と「はつ」も注文。「あいよ〜」。んふふ。

「実は"はつ元"も人気なんです。提供できる数が少ないのでわざわざ電話をして取り置きするくらいファンの方もいるほどなんです。」

とスタッフさんから耳より情報を聞き、そんなこと言われたら頼むしかないでしょうと焼き物追加。

まずは「血肝」から。もうね、焼き加減が絶妙なんです。臭みが無く中がトロトロなんです。熱々が最高なんです。

真面目焼鳥助平#6 レバー

続いて「はつ」。これまた焼き加減がいい!あら塩何粒掛けるっていうマニュアルがあるんじゃないかと思うほど、計算された塩加減。気が付いたらバイスの中、追加してましたよ。

真面目焼鳥助平#7

そしてお待ちかねの「はつ元」。これまた柔らかくてジューシーな一品。舌に心地よい脂です。さすが編集長。いい店知ってるなぁ。

真面目焼鳥助平#8

他にもやめられないとまらない「つまみ大豆」やこれまた絶品の「卵黄の醤油漬」、日替わりのメニューもあって目移りするほど。近所にオープンしてたら私、毎日入り浸るでしょうね。ガーデンタワーに引っ越したいです。

真面目焼鳥助平 メニュー

「真面目焼鳥 助平」さんは、日暮里駅からすぐで、雨に濡れず来れるのでもうすぐやってくる梅雨時期には便利な立地。日本酒も季節に合わせて常時20種類くらい用意してるそうです。

そうそう、店名の「助平」を見つけました。それはお手洗いで見つけられます。是非ご自分の手で目でお確かめくださいませ。

真面目焼鳥助平 トイレ

<女性ひとりで入れるハードルの高さ>

低い ★☆☆

<この日食べたもの(※すべて税抜き価格)>

  • お通し 200円
  • バイスサワー 380円
  • おかわりの金宮 200円
  • 血肝 130円
  • はつ 130円
  • はつ元 180円
  • ホタルイカのわさび漬 380円

<店舗情報>

  • 店名:真面目焼鳥 助平
  • 住所:荒川区西日暮里2-25-1 ステーションガーデンタワー1F-116
  • 営業時間:月〜土 17時00分〜24時00分(LO:23時)
  • 定休日:日曜日
  • 電話番号:03-5615-5140

※荒川102の取材情報は地図からも探せます。ぜひご活用ください。▶▶▶ 「荒川102取材マップ」