(旧)荒川102 - 随時新サイトへ移行しております。新しいサイトURLは http://arakawa102.com/ です。

2014年10月号 vol.12

イベント紹介:秋、都電、音楽、遠足。おちけん presents 友の会 その11(11月2日)

2014年10月03日 22:40 by shogo_nakazato

 秋の良い気候になってまいりました。秋といえばイベント、イベントといえば遠足、遠足といえば都電。

 無理やり感満載でまとめましたが、これらが全部ぎゅっとつまった秋空のように爽やかな時間を音楽にのせて楽しめるライブイベントをARAKAWA102記者でもある吉澤さん(rumi_yoshizawa 通称おちけん)が計画しているということで、だれか紹介して、ということなので、記者(中里)が記者(吉澤)をインタビューするという102始まって以来の自作自演型インタビューを実施いたしました。

吉澤さん1

主催者の吉澤さん。都電沿線にて。

 楽しい遠足にするよとはりきっておりましたので、記事を読んで「良いかも」と思ったらぜひ、記事最後に記載している連絡先から参加してあげてください。


イベント概要:

『おちけん presents 友の会 その11 ~ 秋の遠足 ~』

都電を一両貸しきり、プロミュージシャンの弾き語りライブを楽しみながら三ノ輪橋駅から終点早稲田駅まで、小一時間の遠足を楽しめる音楽イベント!

  • 日程:11月2日(日)(※雨天決行)
  • 集合:三ノ輪橋駅13時発車予定
  • 解散:終点早稲田に14時頃到着予定
  • 募集:30名
  • 主演者:タナ・カミオ、柴山一幸
  • 料金: おやつ付きで2000円(税込)
  • 支払:当日現金払い(※事前チケット購入が可能なイベントを近日設置予定)
  • 注意事項:都電の車内は飲食原則禁止となっているため、飲食の持ち込みはご遠慮願います。
  • 連絡先:info.ockn@gmail.com

インタビュー 

吉「今回のイベントは11回目です。」 

中「なんで始めたの?」

吉「ライブ見に行くのが好きでライブハウスに仕事のあととか行くんですけど、あのひとと、このひとが、一緒にでているライブとかないのかなとか、自分の見たいライブが欲しくなってくるんですよ。 って話を下北にある飲み屋さんに話したら、「やればいいじゃん」って言われて、「あ、そっか」ってはじめたのが、きっかけですね。」

中「ゆるい始まりですね(笑)。最初はなにやったの?」

吉「最初からツーマンライブです。たまに2組、3組とかやったときもありますね。」

中「テーマは毎回音楽なの?」

吉「そうですね。あ、でも最初のころはいろいろやりました。わたし千葉出身なんですけど、「千葉ナイト」と名づけてみんなでハマグリ焼いたり、おいもをやいたり、菜の花体操をみんなで踊ってみたり。」

中「菜の花体操って千葉の人はみんな知ってるの?」

吉「あぁ、だいたい知ってるはずです。6割7割ぐらいは知ってるし、3-4割は踊れるんです。小学校とかで習ってるんで。」

中「それ、シュールだね。大人がみんなで菜の花体操踊ってる絵。」

吉「そうですね(笑)」

中「今回11回目ということで、見どころはなんでしょう?」

吉「電車に乗ることw 用が無いとこっちこないじゃないですか?」

中「荒川区以外の人がね?」

吉「そうそう。町屋に引っ越してきてからそれどこ?とか、何があるとこ?とか聞かれることが多くて、こんなとこだよって紹介したいなって思ってて。したら都電借りれるって聞いて「借りるでしょ」みたいな。」

吉澤さん2

以前のイベントのちらしを見ながらのインタビュー。ちらしは毎回自作だとのこと。

中「都電って借りるといくらするんだっけ?」

吉「13000円ぐらい。都電の型も選べるんですよ。車庫でいろいろ見せてもらいました。本番どの車両が来るかはお楽しみで。

 普段はミュージシャンのファンの人が来てくれることが多いですけど、単に電車にのってみたい人が来てくれても楽しんでもらえるかなって。ちょうど秋で11月だとまだ秋のバラもキレイなのかなって思ってます。」

中「なるほど。楽器はちなみに何を演奏するの?」

吉「ギター1本で。お客さんはイスに座ってもらうのと、床に座ってもらえるようにもします。みんなでミュージシャンを囲む感じですね。」

中「空間が狭いのが良さそうですね。」

吉「そうですね距離は近いと思います。」

中「出演されるミュージシャンについて教えてください。」

吉「タナ・カミオさんは前回のイベントも出てくれたんですよ。その後うちにも泊まってくれて。町屋のトキワ食堂で飲んだり隅田川沿いで飲んだりしました。拠点は名古屋なんですけど、また歌ってよ〜、って言ってたら「呼んでよ」って言われて。それで呼びました(笑)。

 それで、もう1人誰呼ぼうっかなぁ、って思ってて、それで柴山さんのことを思い出したんです。柴山さんは名古屋で音楽学校の先生をやられてもいるんですけど東京の下町が好きで、名古屋と東京をよく行き来されてるんですけど、なかなか私がライブに行くチャンスがなくて。それで「自分で呼べば聞けるじゃん?」って思って呼びました。」

中「じゃあ2人は初対面なんだ?」

吉「そうなんですね。その2人でセッションとかはじまっちゃったりして。楽しみ。」

中「音楽はどんな音楽なんですか?」

吉「そうだなぁ、ざっくりジャンルでくくるとしたらポップスかな。ロック、フォーク、ポップの間をフワフワしてる感じだけどどっちかっていうとポップ。 2人ともいろいろ攻めたりしてるんですけど、実は繊細なところがあったりするので、陽気一辺倒でもなく、ちょっとおセンチなところとかもあって、他人ごとじゃなく聞ける歌なんじゃないかなって。」

中「どうやってこのバンドのことを知ったんですか?」

吉「友達のバンドのライブを見にいったときに共演者として来ていて。そしたらものすごいデカい声で歌いだしたんですよ(笑)。それでその歌が忘れられなくて。その1年半後ぐらいにも東京のライブハウスで見かけて何度も見に行くようになったんです。

タナ・カミオさんの所属するバンド、Dinner Set

吉「柴山さんは友達の紹介で知り合ったんです。『最近知り合ったんだけどこの人が面白い、いい歌うたうんだよ』って聞いて。実際に見にいったらものすごいエネルギッシュなライブをしていて、、本人的には大失敗のライブだったらしいんですけど(笑)。私は忘れられなくてそれから知り合いになりました。」

柴山一幸さんの最新アルバムミュージックビデオ

中「それって、ライブ見に行ってから、どうやってミュージシャンの方とつながるんですか?」

吉「ライブハウスに出るようなバンドって一緒にライブ見ていたりするんで、そこでお疲れ様でした、とか言って声をかけたり、ツイッターとかでもつながっていてメッセージ送ったりしてると、どこからかつながってくるんですよ。」

中「吉澤さん自身が楽しんでるっぽいですね。」

吉「そうですね、ほんとそうですね。自分がやりたくないことはやらないタイプなんで(笑)。」

中「イベントはいつも1時間ぐらいなんですか?」

吉「いや、いつもは2時間ぐらいとってるんですけど、今回は都電なので1時間ってことに。ただ、終わったあともまだ時間があるんで少し散歩したりとかもできるかなって。 告知も遠足なので遠足らしくしようかなって思ってます。当日チラシを配って、都電降りてからも参加者が遠足を続けられるように周辺マップとかつけたいなって。 お土産も日暮里の駄菓子を用意しようかなって。」

都電@町屋駅前 

都電に載ってゴトンゴトン。(注意:出発駅は三ノ輪橋駅になります)

中「注意事項何かあります?」

吉「途中下車できないのでトイレは済ませといてください」

中「全部一人で進行やるの大変そう」

吉「いままでは1人でやってきてたんですけど、今回はちょっとどなたかに手伝ってもらおっかなって思ってます。遠足風に三ノ輪橋駅で旗もって立っててもらいたいなって思ってます。」

中「告知はどうやってやるんですか?」

吉「各ミュージシャンにしてもらうのと、Twitter/Facebookで言い続けます。」

中「参加の申込方法は?」

吉「予約はこちらでお願いします。簡単な質問はツイッターで投げてくれても答えます。」

中「最後に一言どーぞ。」

吉「秋のいい時期なので遠足気分で遊びにきてくれれば嬉しいです。電車目当てでも音楽目当てでも。いい日にしたいなと思います。」


都電にゆられながら手が届く距離感で生演奏を聞く。なかなか味わえない空間になりそうですね。お申込みはお早めに!

申込みはこちら:おちけんpresents「友の会 その11 〜 秋の遠足 〜」

関連記事

イベント情報:ママとベビーヨガ(6月14日@ヨガスタジオ・ラポール)

2016年06月号 vol.31

イベントレポート - 西日暮里にある諏方神社での「子ども市」は工夫が満載

2016年05月号 vol.30

イベントレポート - シダレザクラ祭り2016 @尾久の原公園

2016年05月号 vol.30

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。