(旧)荒川102 - 随時新サイトへ移行しております。新しいサイトURLは http://arakawa102.com/ です。

2015年04月号 vol.18

荒川区議会議員候補 - 石橋なおきさん(新人 / 民主党)

2015年04月08日 22:52 by arakawa102

 荒川区議会議員候補 石橋なおき①

1. 候補者の名前

石橋 なおき(いしばし なおき)

2. 所属政党/会派

民主党

3. 関連URL

ホームページ :http://ishibashinaoki.tokyo

Facebook :https://www.facebook.com/arakawaishibashi

その他 :

5. 新人/現職

新人

8. これまでの経歴と、立候補した理由

(主な経歴)

  • 昭和50年2月23日生まれ。
  • 荒川区立第七峡田小学校卒業
  • 青山学院大学法学部公法学科卒業
  • 参議院事務局勤務(国際部、企画調整室、内閣委員会調査室、広報課、委員部所属)
  • 前田武志(元国土交通大臣・参議院議員)政策担当秘書
  • 現在:民主党荒川区支部副幹事長/荒川区都市計画審議会区民委員/荒川区景観まちづくり推進委員会区民委員/荒川区私立幼稚園等父母の会連合会役員
  • 【家族】妻と娘二人の4人家族 

(立候補の理由)

 30年以上、町屋に住むものとして、ずっと、地元荒川区のために仕事がしたいと思ってきました。また5歳と2歳になる二人の娘たちが、生まれ育った荒川区を今以上に好きになってもらえるよう、30年先を見据えた地域づくりが必要であり、現役世代の我々30代、40代がきちんと荒川区議会において役割を担っていくことが重要だと考え、立候補を決意しました。

荒川区議会議員候補 石橋なおき②

9. 当選した場合に最優先で取り組むべきと考える区政の課題

<課題>

小規模保育園(地域型保育事業)の整備・拡充

<取り組むべき理由>

今年度の荒川区の待機児童数は8名と23区では千代田区に次ぐ少なさだが、今後も増加が予想される保育需要への対応や、もっと家の近くの保育園に通わせたい、通勤途中や駅近くの保育園に通わせたい、との声を働くママ、パパから聞かせていただいており、多様な保育環境の整備が喫緊の課題と考えるため、柔軟な施設整備が可能な小規模保育園の整備・拡充が必要。

<この課題の解決に必要な予算>

保育園の規模、区からの財政支援の割合等により、大きく予算規模は変わってくると思いますが、おおむね数千万円程度を想定。

<この課題について任期内に目指すゴールはなんでしょうか?>

少なくとも1か所以上の小規模保育園(地域型保育事業)の整備。 また待機児童数をできるだけゼロに近づける。

<関連資料、情報URLなど>

http://www8.cao.go.jp/shoushi/index.html  

10. 有権者の方へのメッセージ

小規模保育のみならず、幼稚園、認定こども園から一時預かり、病児・病後児保育等の整備を進め、幼稚園教諭、保育士の方々の労働条件を向上させることで、荒川区の幼児教育・保育の質が地域ナンバーワンとなるよう取り組みます。

また三河島水再生センターを利用した下水汚泥によるバイオマス発電・熱利用や下水熱利用、隅田川の景観向上、洪水対策に向けた堤防整備、下町情緒溢れる街並みと再開発地域との融合による荒川区独自のまちづくりを目指します。

40歳という年齢と二人の娘の親という立場から、10年、20年、30年先を見据えた荒川づくりに向け、たくさんの区民の皆さんのご意見を伺いながら、区政に取り組んでいきたいと思います。

関連記事

11月定例区議会において可決された議案

2016年1月号 vol.26

荒川区議会選挙2015:自民引き続き第一党維持。共産党は大きく得票を伸ばす。

2015年05月号 vol.19

荒川区議会議員候補 - 明戸まゆみさん(現職 / 自由民主党)

2015年04月号 vol.18

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。