(旧)荒川102 - 随時新サイトへ移行しております。新しいサイトURLは http://arakawa102.com/ です。

2015年07月号 vol.21

荒川ラーメン紀行:京の華

2015年06月28日 19:34 by imaikegoro

京の華①

今月の荒川ラーメン紀行は日暮里駅前にある「京の華」です。

こちらはラーメン屋というよりは台湾料理を中心とした創作中華料理のお店。お酒の種類も食事のメニューも多いので、ランチも夜も多くの客で賑わっています。 多くのメニューの中で一番人気の蘭州牛肉麺を紹介します。

京の華②

注文してしばらくすると厨房からバンッ、バンッ…と麺を打つ音。 何度も何度も生地を伸ばしては麺台に打ち付けコシの強い麺を作っていきます。

なんとこの麺台は樹齢600年のイチョウの木を使っています。

京の華③

麺打ちもクライマックスです。麺が完成したら大鍋でゆでていきます。

京の華④

蘭州牛肉麺です。

蘭州はシルクロードの要衝として知られる中国の都市。ぜいたくに牛骨を使い、特製ラー油と花椒で麻辣風味に仕上げた濃厚なスープに、太くコシの強い麺、食感を残しながらじっくり煮込んだ牛スネ肉とパクチーのトッピング。見た目はとても辛そうですがそれほど辛くないので麺もスープもしっかり味わうことができるのです。

パクチーが苦手な方はあらかじめパクチーを抜いてもらうのを忘れずに、逆いパクチー大好きという方は100円でさらにパクチーを追加することができるのもうれしいです。 麺の大盛りは無料ですが、普通盛りでも麺は330グラム。大盛りだとなんと450グラム、満足できるボリュームですね。

京の華⑤

牛の脂をベースに数種類の唐辛子をブレンドして作られたラー油。辛さの中に深みがあり病みつきになります。

京の華⑥

こちらの店でもう一品頼むとしたら? 迷わず焼小龍包をおすすめします。いきなりかじりつくと肉汁が飛び出して危険ですから、皮を箸で少し開いて から食べます。 こうなると一杯飲みたくなってきます。熱々の小龍包を食べながら台湾ビールなんていうのもいいかもしれませんね。

他にも空芯菜香味炒め、金華ハムチャーハン、台湾風カキ氷などあれもこれも食べたくなってしまう。何度も通いたくなる店です。

京の華⑦

お店のスタッフのみなさん。

「4月で5周年を迎えました。おいしい台湾料理、創作中華料理を提供していきたいと思っております。スタッフ一同、こころより皆様のご来店をお待 ちしております。」


<店舗情報>

  • 正式名称:京の華
  • 住所:荒川区西日暮里2-22-1、ステーションプラザタワー105
  • 電話番号:03-5615-2593
  • 営業時間:年中無休11時~24時(オーダーストップ23時半)
  • 主なメニュー:ラーメン750円、焼小籠包(4個)560円、蘭州牛肉麺1200円、冷やし中華880円(全て税抜)。麺大盛りは無料。ランチセット(平日のみ)のご飯おかわり無料

京の華⑧


ARAKAWA102の取材先が一目でわかる取材マップはこちら

関連記事

荒川ラーメン紀行:番外編#1「焼肉もりちゃん」

2016年06月号 vol.31

荒川ラーメン紀行:富士松

2016年05月号 vol.30

荒川ラーメン紀行:博多とんこつらーめん「しばらく」

2016年04月号 vol.29

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。