(旧)荒川102 - 随時新サイトへ移行しております。新しいサイトURLは http://arakawa102.com/ です。

2015年10月号 vol.23

荒川で事務所兼ワークショップスペースを始める:その5 - 何事もやってみないとわからない〜トイレ改装 & リアルなお金のお話〜の巻

2015年10月03日 13:10 by sayakatake

この9月、空とぶアルマジロ商店は1ヶ月休業しました。古くて小さなお店のトイレを改装していたのです。1周年を前にそれをやろう(工事費はかなり自前)と決めたのは、ちょっと未来が見えてきたからでもあります。

 改装中のあるまじろ

ここで、お店の話としてははじめてお金の話をしたいと思います。

 

空とぶアルマジロ商店を始めたときには、「作業スペースレンタル」と「ワークショップ開催」、「英語多読スペース」の運営で、経費と家賃は払えると考えていました。さらにネット通信販売をしたい、そのために自宅ではない住所と電話番号が欲しいと考えたのも、お店を借りようと考えた動機でした。事務所ではなくお店にしたいと考えたのも、自分が個人経営の通販でものを買うときに実店舗があるところの方に信頼感を感じるからでした。

 

何事もやってみないとわからないもので、現在はだいぶプランに変化が出てきています。

 

通信販売はまだ準備中で、ゆっくり信頼できるものを作ろうねと話しています。クラフト部担当の娘は様々なイベントに出て、そこでの売り上げが急激に伸びてきています。その時にお店の名前と住所の入った名刺も渡しているのですが、それが徐々に知名度に結びついてきていて、「日暮里も行ってみたいです」と言われるようになってきましたので、「行ってみたら素敵なお店でした」と言われるようにしたいという欲も少し出てきました。そして、作家の手作りだけではどうしても作って売れる量に限界があるのもはっきりしてきて、職人技と限定品にポイントを置いて一点ごとの値段を上げるか、ワークショップにもっと力を入れるか、印刷製品を増やすかと考えて、ナイフで切りつつ仕上げていく娘の作品は、ナイフで細かく切る手作り作品であることよりも、そうやってできあがったデザインを評価してくれるお客さんがファンとしてついてきてくれている感じがするので、印刷で作る製品を増やすことにしました。

最近は個人の発注でも製品を作ってくれる業者さんも増えてきているのですが、それでも発注するとなると、元手もかかるし、在庫も抱えることになります。こっちに踏み切るには、各イベントでの売り上げがかなり増えてきているのはもちろんですが、「売る」経験を重ねてきて、「売れる」読みが出来るようになってきた自信が必要でした。

人気の手作りクラフト作品でも、持って行けば売れるわけではなくて、イベントごとにお客さんが何を楽しみしてきているかで売れ筋は全く違います。「これはどうして売れなかったのだろう?」と考えて、情報を集めてまた考える。それと、どんな人でも買おうかと思わせる価格のものも揃える。買ってくれた人は、次回以降親しみを感じてくれるので、新作も加えていく。そんなことの繰り返しで、だいぶ新商品も増えてきました。 

一方、私の担当の英語部ですが、最初はレッスンと言うより本を読む場所にしたいと思っていたのですが、英語で迷っている方を助けたいとはじめた学習カウンセリングがとても好評で、多くの方の悩みを聞いているうちに、基礎的な中学文法中心のやり直し英語をやる方が需要もあるし、喜んでもらえると言うことがわかってきました。カウンセリングは1回完結なのですが、来た方の中から「英会話はやらない」「読み書き中心」「隔週レッスンと自習」の組み合わせで、少しずつ生徒さんも増えてきています。これはこのまま継続できそうです。

そういうわけで、開店2年目は、英語レッスンに加えて、いろいろなサークル活動に使ってもらうこと、そしてクラフト部のオリジナル製品と、洋書絵本の販売もする、もうちょっとお店らしい感じを目指していきたいと考えています。絵本は、そもそも私が絵本翻訳家なので、せっかくなので英語絵本の楽しみも紹介したいのです。 

また実際にやりつつ、修正していくのでしょうけど、基本は「空とぶアルマジロ商店」に行ったら楽しかったと思ってもらうことです。自分たちが「こんな場所があったら良いな」で始めたお店が他の方たちの「こんな場所があったらいいな」に応えていける場所になれるように、これからもがんばりますので、皆様よろしくお願いいたします。


(ここから先はPRとなります)

空とぶアルマジロ商店は10月から改装リニューアルオープンいたします。今までは水木が定休日でしたが、10月からは月火が定休日となります。

英語部の英語塾「日暮里多読クラブ」は「日暮里英語クラブ」と改名します。月会費5000円で読書指導月4回、プライベートレッスン月2回の2コースのどちらかを選べます。月2回以上のプライベートレッスンは1回1時間3000円となります。すべて予約制です。

また、水曜午後3時から6時の間を小中学生アワーとして、小中学生の英語読み書きと英語読書指導を始めたいと考えています。詳しくはお問い合わせ下さい。

メール:soramaji.shop@gmail.com / 電話:03-6317-3926(出ない場合は伝言を残して下さい)

空とぶアルマジロ商店には英語レッスンもありますが、個人指導の先生と生徒さんのご利用も歓迎です。コーヒーマシンを無料でお使いいただけるほか、持ち込みも自由です。

またミシンの使い方指導及び利用、缶バッジマシンの使い方指導及び利用とマシンの貸し出しも出来ますのでご相談ください。


関連記事

ウィーン君がいく:噴水を見に行こう②

2015年08月号 vol.22

ウィーン君が行く:噴水を見に行こう

2015年06月号 vol.20

荒川で事務所兼ワークショップスペースを始める:その4 - 降る日もあれば晴れる日もあるの巻

2015年03月号 vol.17

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。