斉藤湯木札 - ぬ
斉藤湯の木札。この日は「ぬ」(お湯が抜いてあるということ)でした。 

日暮里斉藤湯の新しい試みとして始まった、美容セミナー。
美容のプロである柴崎先生を迎えて行われる連続セミナーの第1回が10月10日に開催されましたので、その模様を少しお届けしましょう。

斉藤湯入口のれん

セミナーが始まる30分ほど前、斉藤湯の暖簾をくぐるとそこにはのんびりと一人ストレッチをされている女性の後ろ姿が。あれ、もしかして先生かなー、なんて思いながらちょっと準備をしていると向こうから声をかけてくれました。「こんにちは」。やっぱり今日の先生、柴崎さんでした。

先生の雰囲気はとてもおっとり、のびやかーな感じ。
経歴を見て「海外のセレブ達に美容の指導をしてきた方だからどんな方なんだろう、、」と若干ビビっていた私の印象はコロっと覆されました(笑)。

斉藤湯美容セミナー - 柴崎先生
柴崎知加先生

そのまましばらく立ち話をしてお話をします。叔父様がヨーロッパのオーケストラで指揮者をされていた関係もあって、子どものころからよくヨーロッパに行かれていたという先生のお話はちょっぴりゴージャス♪

先生が最初に修行をされた元社会主義国ハンガリーの美容事情、日本とはちょっと違った体系的な美容の考え方、アラブの王族がおしのびで来るというスイスのひみつの場所などなど、私の知らない世界ばかり。ついついお近所さんとおしゃべりしているような感覚で話しをしていたらすぐにセミナーの開始時間になってしまいました。気になった人はぜひセミナーに参加して先生に聞いてみてくださいね。

1回目のセミナーにあつまった女性は6名。今回のテーマは「身体を芯から温めることによる予防医学と肩コリ簡単ストレッチ」です。
セミナーが始まると先生が教えてくれたのは日本のお風呂文化がいかに恵まれているか、ってこと。

斉藤湯美容セミナー1回目 - 参加者1
目を閉じて意識を集中

「熱いお風呂に入ると”熱い熱い”っていうことに集中してるので他のことを忘れられるんです」

人間は同時に2つのことを考えたり感じることができないそうです。
よく、ぬるめのお風呂に20分くらい浸かりましょう、といったことを聞きますが、忙しいからなかなかゆっくりお風呂に浸かる時間もないのが現実。実際、参加者の方に先生が質問すると、「大体5分ぐらいかな、、」という回答がほとんどでした。

そんな現代人に先生がオススメするのは、短時間で熱いお風呂に入ること。
短時間でもいいので脳内からその瞬間、雑念を追い払い、脳をリフレッシュする効果が得られるそうです。週に1回だけでも熱いお風呂に入って汗をダラダラかいて、嫌なことをスーッと忘れてしまう、これが大事だそうです。

「パソコンでいうといらないファイルを消していくような感じ」

家でも熱いお風呂に入れるだけでも日本人は恵まれているそうです。それが銭湯なら数百円で。こんなに時間がかからず、お財布にもやさしい脳内リセットの場所が近くにあるのはとっても恵まれているので週に1回だけでも銭湯で熱いお風呂にはいって、みんなでおしゃべりしながら帰る。そんなことを生活に取り入れるだけでも美容に良いみたいですよ。

次に先生が教えてくれたのは呼吸法です。
軽く目を閉じて6秒間息をゆっくりと吐きます。そこで2-3秒間息を止めて、そこから6秒ほど息を吸い続けます。これを何度も繰り返します。
このとき、脳内に酸素をいきわたらせように息を吸い、吐くときには脳内を循環して燃えた空気を体内から吐き出していく、そのように意識することで、全身に酸素がいきわたり、体が少しずつ温まるそうです。
息を途中で止めることにより体の緊張感が高まり、より酸素を行き渡らせようとするそうです。体がもともと持っている作用を利用するんですね。

斉藤湯美容セミナー1回目 - 2
和やかな空気の中、先生が丁寧に指導してくれます

続いて肩コリを治すストレッチ。
やはりここでも大事になるのは呼吸法。呼吸に合わせて全身で肩を上下させたり、回したり。
先生は実際に自身で実演しつつ、参加者の姿勢を少し補正したり。

「もっとぐぐぐっと、、(笑)」

腹筋に力を入れてしっかりと立つことで自然と猫背が矯正され、肩も綺麗に回せるようになる、、、と書けば簡単そうですがなかなかそうはいきません。先生は話しかけながら丁寧に指導してくれます。肩の筋肉がほぐれはじめて肩もぐるぐる回せるとともに会場には笑いも起き、空気もゆるゆるーと和やかに。
先生のストレッチ指導は30分ほどつづき、その後はみなさんお風呂を楽しまれたようです。

当日の参加者の方の一部から感想もいただいてます。

「沢山呼吸や、肩をうごかした後えお湯に入ったので温浴効果をさらに感じられました。もっと実際に体をうごかす要素があるといいなと思いました」(30代女性。銭湯に入るのは年に2-3回程度)
「銭湯には週に1-2回きます。とてもよかったのでまた来たい(6回全部出たい)」(50代女性)

次回セミナーは11月7日(土)。前回と同じく12時の開場です。

テーマは「炭酸泉風呂の効能と肋間神経痛に効く簡単ストレッチ」。

軽いストレッチをして気分もリフレッシュした後に、まだ誰も入っていない洗いたての銭湯の大浴場のお湯を楽しむ週末の昼下がり、、これって意外とやったことないですよね?私はやったことありますけど、けっこう非日常な贅沢なものなんですよ(笑)。

荒川区で1000円札1枚のプチリゾート体験、ご予約は斉藤湯(HP)まで(03-3801-4022)。

柴崎先生 - ARAKAWA102直筆サイン
直筆サイン入りの著書「愛され姫の魔法の小顔」をARAKAWA102にいただきました〜(^^